PV用架台システムの新素材…GFRP

GFRPと鋼材の比較

GFRP材とH鋼材の比較

同じ許容引張強度で比較すると、単位重量はGFRP製架台が13.6kg/m、鋼製架台が23.6kg/mとなり、GFRP製架台が鋼製架台に比べ約1/2の重量となる。
 

CSフレーム-PV

(GFRP製架台)

鋼製架台 比 率
サイズ(mm) H-254×254×9.5×9.5 H-125×125×6.5×9
許容引張強度(kN) 705 705 1.00

許容曲げモーメント

(kN・m)

84.37 31.49 2.68
断面積(cm2 70.6 30.0 2.35
単位重量(kg/m) 13.6 23.6 0.58
※本表の計算強度はGFRP材が安全率3、鋼材がSS400の基準強度に基づく。
 
 

ライフサイクル比較

溶融亜鉛めっき製品に比べ、補修や交換等「ライフサイクルコスト」の大幅な縮減が可能。
  • ライフサイクル比較
  • ■鋼材
    溶解亜鉛めっき(臨海地域)
    溶解亜鉛めっき(海岸地域)
     
    ■GFRP「CSフレーム-PV」
    フッ素樹脂15μm(標準品)
    フッ素樹脂25μm(オプション)
    フッ素樹脂50μm(オプション)