会社沿革

       
DEHN+SOHNE社のHPへ
1910年 会社設立(ドイツ国バイエルン州ノイマルト)
1920年 電気設備工事のビジネスを開始



1923年 外部雷対策のビジネスを開始
1950年 ハノバメッセ(外部雷)に初めて出展
1954年 世界で初めて高性能SPDを開発し、製造を開始



1957年 高圧安全装置の製造を開始
1960年 創業50周年 ニュールンベルグに新工場を建設
1983年 世界で初めての直撃雷用SPDの開発に成功



1993年 雷保護のIEC規格が制定され、IEC規格に基づいた 直撃・誘導雷対応のSPDシリーズの発売を開始
1995年 通信用SPD(イエローライン)を開発、発売開始



2001年 複合型SPDとしてデーンベンチルを開発
2006年 9月、アジアで初めて開催される 28th ICLP (雷保護国際会議)
金沢大会に参加および出展が決定


操業風景今昔