1.設置条件にあわせた設計変更が可能

鉄骨フレームのサイズの調整・変更により、局舎強度の設定が容易に行えます。
鉄骨フレームの採用により局舎の分割が可能なため、理論上は大きさの制限を受けません。
大型局舎の現地組立ての際は、工場から分割された半完成品を出荷し、現地で接合する方式を採用しておりますので、現地での組立て期間を大幅に短縮できます。

2.優れた断熱性能

屋根及び壁材は自己消火性をもつポリイソシアヌレートフォームを充填しております。
熱貫流率が0.76〜0.50kcal/uh℃のパネル(22〜35mm厚)を使用しており、同じ厚さのコンクリートの約15倍もの断熱性能を有しています。

3.優れた耐久性

屋根及び壁材には、ガルバリウム鋼板に焼付塗装を施したものを使用しております。

4.断熱に優れ、強固な床組み

床下には鉄骨部材による根太組みと厚さ3.2mmの鋼板を使用しています。
床下の断熱にも配慮し、断熱シートを貼付しています。